よから始まることわざ

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

ことわざ(よ)羊頭掲げて狗肉を売る

ことわざ(よ)
羊頭掲げて狗肉を売る

◆読み
ようとうかかげてくにくをうる

◆意味
見掛け倒し、見かけの割りに中身の無いこと

◆使用例
宣伝の写真とは全然違う。あれでは「羊頭掲げて狗肉を売る」だよ

◆一言メモ
「羊頭狗肉」中国が語源由来(禅の書物、無関門むかんもん)。
羊の頭を看板にしながら、「狗肉」犬の肉を売っている。
誤魔化しなどの例として用いられている。

弱り目に祟り目

弱り目に祟り目

◆読み
よわりめにたたりめ

◆意味
弱ったところにさらに追い討ちをかけるように困った事が起こる事。災難が続く事。

◆使用例
転んで怪我するは、お財布落とすまで落とす。「弱り目に祟り目」だよ。

◆一言メモ
まさに、コントのような状況ですが、本当に「弱り目に祟り目」のように、災難が続く時ってありますよね。