たから始まることわざ

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

ことわざ(た)竹を割ったよう

ことわざ(た)
竹を割ったよう

◆読み
たけをわったよう

◆意味
さっぱりした。曲がったところが無い性格。

◆使用例
あの人は、陽気で竹を割ったような人だよ。

◆一言メモ
竹を割ったとき、他の木などと違い一直線に綺麗に割れることから、語源由来となっている。

立っている者は親でも使え

立っている者は親でも使え

◆読み
たっているものはおやでもつかえ

◆意味
急用の時には、相手が誰であっても遠慮しないで使いなさい。

◆使用例
ジュースのついでにお菓子も取ってくれない「立っている者は親でも使え」っていうからね。

◆一言メモ
昔のことわざが今では何か違和感を感じてしまう。
そんなひとつではないでしょうか?
「立っている者は子供でも使え」
なんていう家庭も多いのでは?
昔の親の力を感じます。

蓼食う虫も好き好き

蓼食う虫も好き好き

◆読み
たでくうむしもすきずき

◆意味
人の好みはいろいろある。

◆使用例
お笑い芸能人ってもてるんだね「蓼食う虫も好き好き」だから。

◆一言メモ
語源由来は、蓼の葉はとても苦いのにそれを好んで食べる虫がいる事から。
蓼食う虫も好き好きや、割れ鍋に綴じ蓋。
愛や恋を皮肉る?ようなことわざには趣があるものが多いですね。

立て板に水

立て板に水

◆読み
たていたにみず

◆意味
よどみなくすらすらとしゃべる様子。

◆使用例
上方漫才のひとは立て板に水のようにしゃべるね。

◆一言メモ
語源由来は、立てた板に水を流すと、止まることなく流れ落ちる事から。
立て板に水「上方いろはかるた」の「た」なのですが、まさに関西弁がにあうことわざですね。

大は小を兼ねる

大は小を兼ねる

◆読み
だいはしょうをかねる

◆意味
大きいものは、小さいものの役目を果たす。

◆反意ことわざ
杓子は耳掻きにならず

◆使用例
大きなお皿でいいよ。「大は小を兼ねる」からね。

◆一言メモ
ことわざと言うのは「教え」のものもあれば、例えとして使えるものもあります。
大は小を兼ねるは、一概に言えないのですが、何かの時に「大は小を兼ねるから」と例えでつかえることわざの種類です。