うから始まることわざ

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

ことわざ(う)馬の耳に念仏

ことわざ(う)馬の耳に念仏

◆読み
うまのみみにねんぶつ

◆意味
何を言っても言うことを聞かない人や状態。

◆使用例
あの人に言っても「馬の耳に念仏」だよ。

◆類似ことわざ
犬に論語、馬耳東風。

◆一言メモ
年をとると「馬の耳に念仏」な人が多い気がします。
気をつけないといけませんね。
政治家の答弁なんて。まさに。

後ろ指を指される

後ろ指を指される

◆読み
うしろゆびをさされる

◆意味
影で悪口を言う

◆使用例
後ろ指を指されるようなことをしたんじゃないか?

◆一言メモ
後ろから指を指される。
実際にそうされても嫌な感じの事ですね。
良く例えられたことわざだと思います。

うどの大木

うどの大木

◆読み
うどのたいぼく

◆意味
おおきいだけで、何も役に立たない人や物。

◆使用例
あいつは体がでかい割りに、強くないな。「うどの大木」だな。

◆一言メモ
語源由来は、うどの成木が大きくなるが若いうちと違って食べられない。
しかも軟らかいので他の使い道も無い事からきている。
豆知識。うどは意外にも「東京」での生産量が多い。東京では唯一と言って良い位農作物生産量上位にあがる物である。

魚心あれば水心

魚心あれば水心(魚心あれば水心あり)

◆読み
うおごころあればみずごころ

◆意味
相手を思う心があれば、相手も思ってくれる心を持ってくれる。

◆使用例
丁寧に接すればお客様も「魚心あれば水心」でご理解いただけるはずだ。

◆一言メモ
悪い意味では、互いに下心をもって近づきあうことにも使われる。
悪代官と越後屋などの会話で
「魚心あれば水心ですな」などとも使われていたりする。