ことわざとは?から始まることわざ

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

ことわざとは?

ことわざ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ことわざ(諺)とは、鋭い諷刺や教訓・知識など含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉の事である。英語のProverbはラテン語のProverbiumが語源である。

ことわざは、観察と経験そして知識の共有によって、長い時間をかけて形成されたものである。その多くは簡潔で覚えやすく、また、真実を言い当てている。

ことわざの中にはしばしば、反対の意味を持つものも含まれる。例えば、以下のようなものである。

「三人寄れば文殊の知恵」と「船頭多くして船山に登る」
「蛙の子は蛙」「瓜のつるには茄子はならぬ」と「氏より育ち」あるいは「とんびが鷹を産む」
ある文化のことわざは、その文化に属する者の思考に、意識的にあるいは無意識的に影響を及ぼす。ヨーロッパのそれぞれの文化のことわざは非常に似通っている。一方、異なる文化の間でも同等の意味を持つことわざ・慣用句があることも多い。例えば、「船頭多くして船山に登る」と "Too many cooks spoil the broth."、「覆水盆に帰らず」と "It is no use crying over spilt milk." などの例である。

日本では、日本で発生したものや単なる語呂合わせなどがあるが、仏典・漢籍・英文学・聖書など国外の原典に由来するものが日本独自のものと誤解されているものも多い。