灯台下暗しことわざ

このページは「灯台下暗し」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

灯台下暗し

◆読み
とうだいもとくらし


◆意味
灯台の周りは明るいが灯台の真下は暗いことから、意外と自分が思ってる身近に探しているものがあったりする様子


◆使用例
カギがないって探してたらポケットに入ってたよ、正に灯台下暗しだね。


◆一言メモ
灯台は(燈台)下暗しで、海などにある灯台ではなく、油の入った皿の芯に火を着けて明るくする燭台の事。