一を聞いて十を知ることわざ

このページは「一を聞いて十を知る」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

一を聞いて十を知る

ことわざ(い)
一を聞いて十を知る


◆読み
いちをきいてじゅうをしる


◆意味
頭の回転が良く、1つ聞けば10を知ってしまうような様子


◆使用例
彼は頭の回転が良く「一を聞いて十を知る」ような人です。


◆一言メモ
中国の「論語」より。孔子の一番弟子「顔回」を評していった言葉が語源由来です。