千慮の一失ことわざ

このページは「千慮の一失」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

千慮の一失

ことわざ(せ)
千慮の一失


◆読み
せんりょのいっしつ


◆意味
よく考える賢者でも、時には間違ってしまうものだ。思わぬ失敗。


◆使用例
彼が起こしたことは「千慮の一失」だ。


◆一言メモ
語源由良は中国漢王朝の韓信が、敗軍である趙の参謀の李左車に教えを請うた時に、李左車が言った言葉である。「智者も千慮に必ず一失あり、愚者も千慮に必ず一得あり」 から。
千慮とは沢山の考え、一失とは一つの失敗。