ことわざ(か)風上に置けないことわざ

このページは「ことわざ(か)風上に置けない」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

ことわざ(か)風上に置けない

ことわざ(か)
風上に置けない


◆読み
かざかみにおけない


◆意味
やる事や性格がずるく、人として許せない。


◆使用例
あのようなやり方でお金を稼ぐとは「風上に置けない」

◆一言メモ
くさい物が風上にあると、風に乗って嫌なにおいがしてくる事が語源由来。
くさい臭いが漂ってくるような人間なので、風上に置けないという。