ことわざ(み)杓子は耳かきにならずことわざ

このページは「ことわざ(み)杓子は耳かきにならず」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

ことわざ(み)杓子は耳かきにならず

ことわざ(み)
杓子は耳かきにならず


◆読み
しゃくしはみみかきにならず


◆意味
大きいからといって小さいものの変わりになるわけではないと言う意味


◆使用例
おとうさんのパジャマを着ちゃってもブカブカで脱げちゃうよ。杓子は耳かきにならず。


◆反意ことわざ
大は小をかねる


◆一言メモ
杓子は耳かきにならずなときもあれば、大は小をかねる時もある。
ことわざは両方のシチュエーションで使い分けるものも多いです。