ことわざ/帯に短し襷に長しことわざ

このページは「ことわざ/帯に短し襷に長し」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

ことわざ/帯に短し襷に長し

ことわざ/帯に短し襷に長し

◆読み
おびにみじかしたすきにながし

◆意味
帯にするには短いし、襷にするには長い。中途半端という意味。

◆使用例
このケーキにこのお皿の大きさでは「帯に短し襷に長し」だ。

◆一言メモ
世の中があんまり便利になりすぎると。昔は中途半端でなかったものでも、中途半端に感じてしまいますね。
現代社会では厳しいラインでこの言葉が使われてしまいそうです。