故郷へ錦を飾ることわざ

このページは「故郷へ錦を飾る」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

故郷へ錦を飾る

故郷へ錦を飾る

◆読み
こきょうへにしきをかざる

◆意味
故郷から離れていたものが成功を収め、故郷へ帰ること。

◆使用例
彼は横綱になって「故郷へ錦を飾ったね」

◆一言メモ
中国の衣錦還郷(イキンカンキョウ)が語源由来。
交通網が発達した今では、左程故郷といった概念が少ないですが。
古い人はそういう故郷への望郷の念があったのでしょうね。