目は口ほどに物を言うことわざ

このページは「目は口ほどに物を言う」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

目は口ほどに物を言う

目は口ほどに物を言う

◆読み
めはくちほどにものをいう

◆意味
目を見れば意外と人の気持ちが出ている物だ。口と同じくらいに話しているようなものだ。

◆使用例
隠していても目が泳いでるよ。「目は口ほどに物を言う」からね。

◆一言メモ
嘘をついたり。がっかりしていたり。
どうしても目がそうなってしまうのですね。
目が口ほどに物を言わなくなったら、立派な詐欺師になれるかもしれませんね。