苦あれば楽あり、楽あれば苦ありことわざ

このページは「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

苦あれば楽あり、楽あれば苦あり

苦あれば楽あり、楽あれば苦あり

◆読み
くあればらくあり、らくあればくあり

◆意味
苦しいことがあれば、あとで楽しいことがある。逆に楽しいことがあれば苦しい時もある。人生良い事ばかりでも、悪いことばかりでもない。

◆類似ことわざ
人間万事塞翁が馬

◆使用例
勉強が辛くても今は我慢のする時だ「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」だから。

◆一言メモ
時代劇「水戸黄門」の主題歌の「人生楽ありゃ苦もあるさ」のほうが、ことわざに思えてる方もいらっしゃいますでしょうか?
ことわざは「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」で「人生楽ありゃ苦もあるさ」はあくまでも歌詞ですので。
ちなみに「水戸黄門」の主題歌のタイトルは「人生楽ありゃ苦もあるさ」では無いです。「あぁ人生に涙あり」と言うタイトルです。
カラオケで歌う際に「人生楽ありゃ苦もあるさ」で探してもありませんのでご注意ください。