聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ことわざ

このページは「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥(聞くは一時の恥、聞かには末代の恥)

◆読み
きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ

◆意味
聞くのはその場だけの恥、聞かずに知らないと言うことは一生恥ずかしい事という意味。解らないことはその場で解決するように。

◆使用例
あの時聞いておけばよかったとは「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ような物だ。

◆一言メモ
インターネットの世界でも、知らない言葉とか多いですね。
やはり「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と思って覚えて行きたいですね。