医者の不養生ことわざ

このページは「医者の不養生」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

医者の不養生

医者の不養生

◆読み
いしゃのふようじょう

◆意味
他人には立派な事をいっても自分はやっていなかったりする事。

◆類似ことわざ
坊主の不信心

◆使用例
人に注意しておきながら失敗するなんて「医者の不養生」だよ。

◆一言メモ
語源由来は、人に体の事で色々言う医者が意外と自分の健康に気を使っていなかったりする事から。
確かに「言うは易く行うはがたし」ですから。
医者の不養生にならないように気をつけなくてはいけないですね。