驕る平家は久しからずことわざ

このページは「驕る平家は久しからず」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

驕る平家は久しからず

驕る平家は久しからず

◆読み
おごるへいけはひさしからず

◆意味
富や名誉を得たからといって、それを驕ってしまい努力を怠るとその栄華は久しくは続かない。

◆使用例
あそこの会社のホリ○モンは「驕る平家は久しからず」だったよ。

◆一言メモ
平家物語の冒頭の部分からのことわざ
「祗園精舎の鐘の声、 諸行無常の響きあり。 娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらは(わ)す。 おごれる人も久しからず、 唯春の夜の夢のごとし。 たけき者も遂にはほろびぬ、 偏に風の前の塵に同じ。 」
盛者必衰と四字熟語でもあります。