猿も木から落ちることわざ

このページは「猿も木から落ちる」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

猿も木から落ちる

猿も木から落ちる

◆読み
さるもきからおちる

◆意味
どんなに上手な人でも失敗する事がある。どんな人でも間違える。

◆類似ことわざ
弘法も筆のあやまり
河童の川流れ
上手の手から水が漏れる

◆使用例
あんなに得意な物で失敗するなんて「猿も木から落ちる」だね。

◆一言メモ
雑記/サルスベリと言う木は肌が滑らかで、猿も滑り落ちてしまうほどと言うところが、由来語源なのだが。
どちらも猿が木登りが上手だと言うところからの例えが、言葉になったものですね。