良薬は口に苦しことわざ

このページは「良薬は口に苦し」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

良薬は口に苦し

良薬は口に苦し

◆読み
りょうやくはくちににがし

◆意味
自分のためになる話ほど、聞いていてつらい物苦い言葉である。

◆使用例
傷つくような事を言われたかもしれないが、君のためだ。「良薬は口に苦し」だから。

◆一言メモ
由来語源は「孔子」の「良薬苦於口、而利於病、忠言逆於耳、而利於行」より。
英語の「Bitters do good to the stomach.」も同意のことわざ。