三つ子の魂百までことわざ

このページは「三つ子の魂百まで」の解説をしています。

ことわざの意味を紹介しています。国語に強くなりましょう。


スポンサードリンク

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで

◆読み
みつごのたましいひゃくまで

◆意味
幼い頃の性格や気性は、年をとっても変わらない物だ。

◆同意ことわざ
雀百まで踊り忘れず

◆使用例
この年になっても小さい頃と同じようにそんな事をするなんて「三つ子の魂百まで」ね。

◆一言メモ
自分の小さい頃を知っている人にあったりすると
「昔から変わらないわね」
とか言われてしまう事ありませんか?
まさにそれは「三つ子の魂百まで」ですね。